FC2ブログ

シルバーウィーク

2009.9.20

またしてもやってきました、見舞崎。今回は同級生Hと。着いたのは、早朝5時。

 車が6台止まっていた。さすが人気ポイント。下まで降りていくと、釣り人が10人位。

 予想はしていたが、さすが連休、まるで観光地だ。

  結果からいくと、二人とも坊主。周りの人は、太刀魚一匹、ヤズ1匹、そして、

 イカ釣りをしていたおじさんが、アオリイカを2匹釣っていた。普段は、ハマチ狙いの、ジギンガー

 ばかりなのだが、今日は、まるでお祭りのようだった。エギンガー、ジギンガー、エビでえさ釣りの

 人やら。途中で雨が降りだし、二時間で俺らは帰った。他の釣り人も何か残念そうな顔をして、ほとん

 どの人が帰っていった。

 俺は、しょっちゅう来てるからいいけど、せっかくの連休だからと、気合入れてきた人は、天気

 に恵まれず、残念だったのではないだろうか。

  釣れなかったので、画像は無しです。くそっ、今度こそ...!!
スポンサーサイト



theme : 釣り
genre : 趣味・実用

見舞崎

2009.9.16

mimaizaki4.jpg
 
   突然の後輩Oの誘いで、後輩Maと夜中の3時に集まり、松山から三崎町に向かうことと
     
  なった。見舞崎に着いたのは、早朝5時過ぎ。この間、早朝、太刀魚が釣れたので、暗いうち
 
  から獣道を、恐る恐る下りていって太刀魚を狙ってみる事にした。すでに釣り人が一人いた。
  
   準備をして、投げ始めて5分後位に、後輩Oにヒット。53cm位のヤズだった。ヤズでも
 
  サイズがでかいのが、此処が人気のある理由だ。そして、7時30分位に、またしても、後輩O

  にヒット。さっきと同じサイズを釣り上げた。

  
   その間に続々と、釣り人がやって来て、気付いたら、俺らを併せて7人になっていた。
  
  釣れるんだから人が来る筈ですよ、しかも平日ですよ。

  
   8時40分位に、諦めかけていた後輩Maにヒット。後輩Oと同じサイズを釣り上げた。後輩Ma


 は生まれて初めてのジギングでの成果となったようだ。これで、「ただ素振りして、ルアーを無くす

 だけでは?」という、ジギングに対しての、今までの先入感を払拭することが出来たみたいだ。

 うれしい限りだ。


  肝心の俺はというと、ルアーを無くしただけ。500円前後の奴だからまあいいが、最近「後輩Oの

 ように千円を超えるルアーでないと、何回もヒットさせる事は難しいのでは?」等と、道具のせいにし
 
 たくなってきた、悲しい....。
mimaizaki5.jpg

theme : 釣り
genre : 趣味・実用

お土産を

2009. 9. 8

mimaizaki3.jpg


昨日夕方、見舞崎から帰ってきたばかりなのにのに、その4時間後の夜8時頃、


     後輩Oから「また夜中出て、行きましょや!!」

 との誘いが。行きたいのはやまやまだったが、金がなかったので、今回は断った。 

 「釣れたら、早朝でもええけん電話してや」とだけ伝えておいた。

 後輩0は、釣り仲間3人を誘って見舞崎に向かったらしい。「大物を狙おうと思ったら、

 この位しつこくないと、だめなんじゃろな...。」と俺は思った。

  そして、その晩、俺は布団に入った。     

  早朝、電話はかかってこなかった。
               

  朝9時頃、後輩Oから電話が入った。

        「いかん、だめやった。」

 との報告かと思いきや、

        「釣れましたよ、50cmクラスが!!」と。

  昨日のおじさんの程じゃないけど、なかなかのが釣れたとのこと。

 そして、その後すぐ、後輩Mも50cm位のを釣ったみたいだ。しかし

 血抜き等をしていて、ちょっと目を離した隙に、波にさらわれて海に流されていったらしい。

  残念極まりない。


 丁度昼頃、後輩O達が帰ってきて、俺の家に寄り、その釣り上げた魚を見せてくれた。
 
 誰も食べないということで、もらって、調理して食べた。

 「後10cmあれば、ハマチだったのになあ...」

 等と、調子のいい事を考えつつ、おいしく頂いた。

 去年俺が釣った42cm位のやつより、遥かに旨かった。

theme : 釣り
genre : 趣味・実用

見舞崎へ

2009.9.7

 約2ヶ月ぶりの釣り。

 ハマチのシーズンが、ぼちぼち始まったということで、いつものように、後輩Oと夜中の

 3時に松山市を出発。後輩Oの希望で三崎町見舞崎へ。途中で松山市の釣具のフレンド、

 ローソンに寄り、目的地に着いたのは午前5時半頃。すでにそこには先客がいるみたいで

 軽四が止まっていた。まだ現地は暗く、10分程、車を止めたそばで時間を潰した。なぜ

 時間を潰して、明るくなるのを待つ必要があるのかというと、これから急斜面の山道を

 400m位下りていかなければならないからだ。
 mimaizaki2.jpg

 
 少し明るくなり始めたので、険しい道を、釣竿やらクーラーボックスやらを持って恐る恐る

 下りていき、何とか到着。達人風のおじさんが一人おり、中央の方に陣取ってジギングをし

 ていた。後でおじさんと話して分かったのだが、前の日の夜の9時に来て、ずっとやっている

 らしい。

 
 午前6時前。準備をしていると、おじさんが「太刀魚が来とる」と言い出し、太刀魚を釣り上

 げていた。

 その直後早速、後輩Oが太刀魚を2匹連続で釣り上げていた。
 tatiuo1.jpg

 俺は、当たりすら無し。
 
 暫くして、誰も当たりが無くなり、おじさんと談笑したりして休憩をした。おじさんによると、

 「ここはまっ昼間とか、意外な時間に大物が釣れる。」とのこと。


 そして再び開始。午前10時頃。俺はルアーを無くしまくって、投げやりになり、ナブラ用に使う

 スプーンを投げて遊んでいると、なんとそれにカマスがヒット。
 kamasu1.jpg

 約1年ぶりにルアーで魚を釣り上げ
 
 た。カマスでもかなりうれしかった。「引き」という物を久しぶりに味わったから。

 
 その10分後、おじさんが「きたー!!」と叫びだした。おじさんは竿を立てて、構え、竿を曲げてい

 た。海面に、魚の白い腹が見えてき、格闘の末、60cmのハマチを釣り上げていた。

 「太陽が完全に昇っている午前10時に大物を釣り上げるとは、おじさんは、さっき自分の言った事が
 
 嘘じゃないという事を、俺らのまえで証明してみせた。」と俺は思った。

 そのハマチの写真を撮らせてもらいたかったのだが、言いずらくてやめた。

 午前11時頃。納竿。

 
 ちなみに、そのおじさんは「まだ粘る。」と言って、しばし、休憩していた。
 
 
 結果:後輩O 太刀魚2匹  俺 カマス1匹
 
[ http://blogs.yahoo.co.jp/qxsct356/30650813.html シモヤンの料理]

theme : 釣り
genre : 趣味・実用

プロフィール

しもっち

Author:しもっち
ルアー釣りは好きだが苦手、そしてエサで小魚ばかり釣っている大洲市出身、松山市在住の30代、だったのですが、気付けば40代に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード