FC2ブログ

佐田岬半島 欲張ってみたものの

2018年6月9日

6月8日の22時半頃、松山市を出発。

2日程前、三瓶で惨敗だった為、それを取り返す為に一人で決行‼️

場所は愛南か佐田岬か迷ったが、魚を取りこぼさない為には少しでも早く着いて始める必要があるから、少しでも近い佐田岬に決定。今までの様にルアー釣り一本、という余裕は全く無く、サビキ、泳がせ、ルアー、全てに手を出すつもりの為、竿、リールも3セット準備した。

釣具のフレンドでジャミ、泳がせ釣りの仕掛けを買う。

日付が変わり、夜中1時半頃瀬戸内側、神崎港に到着。梅雨時期の為、道中霧が凄く、運転に支障がでる程だった。港まで降りても霧は晴れておらず、海面上は全て霧に覆われていて、海の様子は手前以外何も見えない。
20180610110041d2a.jpeg




サビキ釣りを開始し、15分程、木っ端グレすら釣れなかったが、えらい引きの強さを感じる当たりが突然やってきた。無事引き抜くと、約23cmのメバルが。

その後パッタリと当たりが途絶えた。
その間にバイブレーションや、チビメタルジグを湾内や波止先端から湾外に投げてみるも全く反応無し。段々焦り始める俺。

徐々に暗闇が後退し、明るさが現れ始めた午前5時頃から湾内で、サビキでポツポツ、アジや、チビメバル、木っ端グレが釣れ始めた。
20180610105501ba3.jpeg



すかさずアジをショアジグロッドに準備した泳がせ釣りの仕掛けの針に付け、波止の先端から投げ泳がせてみる。何回かアジを付け替えてみるも当たり無し。

6時半頃、湾内では神崎港お馴染みのコブ鯛、そして波止先端ではブリ(ハマチを超えていた)を一匹見かけた。

そこで、アジも尽きてきた為、泳がせを諦めショアジグロッドでショアジグ開始。沖に向けてメタルジグ、ダイビングペンシルを投げ続けるも当たり無し。9時過ぎまで粘り、堤防上から見える半島の先端、そう、番匠鼻を眺め、一発逆転に想いを馳せてみる。

番匠鼻に移動し、10時頃からショアジグを開始。
海は穏やかで、海面をびっしり水草の様な物が覆っている。根掛かりはしないが、水草を引っ張らずにルアーを回収する事が困難な状態。色々投げてみたが12時前に納竿。

青物、一体いつ釣れるの〜。(悲)
201806101152380b2.jpeg
スポンサーサイト



プロフィール

しもっち

Author:しもっち
ルアー釣りは好きだが苦手、そしてエサで小魚ばかり釣っている大洲市出身、松山市在住の30代、だったのですが、気付けば40代に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード